香川県社会福祉法人経営者協議会

香川県社会福祉法人経営者協議会

ごあいさつ

香川県社会福祉法人経営者協議会
会 長  川西 基雄

平成28年3月改正社会福祉法成立、平成29年4月施行で現在、社会福祉は大きな転換期を迎えています。社会福祉法人は主たる福祉の担い手であると同時に責務化された「地域公益活動」推進の役割遂行が求められています。平成12年に措置から契約へと制度転換され、利用者が主体的にサービスを選択する時代を迎え、多様な主体の参入により事業者間競争も激化しています。
多様な主体の参入という変化のなかで、社会福祉法人が税制等の優遇措置をこれからも維持していけるのかも大きな課題となっています。あらためて社会福祉法人の存在意義を考えながら研鑽し、努力を重ねるべき時代になったと考えています。
今回の制度改革では、「ガバナンス強化」、「透明性の向上」、「財務規律の強化」、「地域における公益的取り組み」、「行政関与のあり方」等が重点事項に挙げられ、新たな社会福祉の方向性が示されました。
ところで、本会の上部団体として、昭和56年(1981年)に創設された全国社会福祉法人経営者協議会があります。現在、全国で7,500を超える法人が加入しており、都道府県組織のみならず、全国7ブロック協議会を組織して、全国と都道府県組織を緊密に繋ぐ活動が展開されています。
こうした大きな環境の変化のなかで、我々社会福祉法人経営者にはサービス管理や人事管理、財務管理といった様々な経営管理能力が求められています。本会、ブロック協議会、全国経営協では法人経営者を支援するため、さまざまな研修や活動が展開されています。未加入法人の経営者の皆さまに於かれましては、その主旨にご賛同いただき、ご加入くださいますよう、ご案内申し上げます。
結びに、住民により良質な福祉サービスを提供していけるよう最大限の努力をいたし、地域公益活動推進に積極的に取り組み、「地域共生社会の実現」に向けて、住民から今まで以上に信頼される社会福祉法人を目指して、真摯な姿勢で活動を続けてまいりますので、地域の皆さまのより一層のご理解とご支援をお願い申しあげまして、ご挨拶とさせていただきます。

香川県社会福祉法人経営者協議会は、社会福祉施設の経営主体である社会福祉法人等にかかわる基本的な課題を調査検討し、その実践をはかり、広く成果を関係者に供し、社会福祉の発展に寄与するための活動を行っています。

社会福祉法人とは

社会福祉事業を行うことを目的として社会福祉法の規定により設立された法人で、公共性が極めて高く、営利を目的としない民間の法人です。


社会福祉法人リーフレット (1MB)

主な事業内容

  1. 社会福祉法人の基盤確立のための調査・研究
  2. 社会福祉法人事業の育成強化に関する活動
  3. 会員相互の情報交換、研さん、親睦、交流
  4. 会員に対する経営、財務、労務等諸問題に関する相談指導事業
  5. その他目的達成に必要な事業

会則 (178.6KB)

R4事業計画 (224.7KB)

組織構成

【役員体制】
会長 1名
副会長 4名以内
理事 15名以内(会長、副会長含む) 
監事 2名
相談役 1名


役員名簿 (88.4KB)

会員法人

会員は、香川県内で社会福祉施設を経営する社会福祉法人等とし、これを代表する理事長(代表役員等相当する者を含む。)もしくは代行しうる役員とし、現在86法人が加入しています。


会員法人一覧 (197.4KB)

入会申込書 (136.9KB)

関連リンク


お問い合わせ・連絡先

香川県社会福祉法人経営者協議会
〒760-0017 高松市番町一丁目10-35
社会福祉法人香川県社会福祉協議会 法人振興課内

TEL 087-861-5611
FAX 087-861-2664