ボランティア情報

地域福祉情報

くらしの相談

福祉の資格と仕事

市町社会福祉協議会社会福祉施設・事務所の方へ

香川県内の社会福祉施設・事務所情報

香川県福祉協議会について

香川県内の社会福祉施設・事務所情報

香川おもいやりネットワーク事業


TOP > 香川おもいやりネットワーク事業 > 研修情報 香川おもいやりネットワーク事業
社会福祉法人と社会福祉協議会、民生委員・児童委員が連携した「地域における公益的な取り組み」香川おもいやりネットワーク事業〜人と人をつなぎ、ふだんのくらしを支え、「福祉でまちづくり」〜
トップページWhat's newおもいやりネット通信研修情報要綱・要領・格様式ダウンロード
平成27年度「香川おもいやりネットワーク事業」
相談・支援担当者養成研修


 平成27年6月9日・10日の両日、県内の社会福祉法人施設、市町社会福祉協議会の相談・支援担当者を対象に、香川おもいやりネットワーク事業「相談・支援担当者養成研修」を開催し、約110 名の皆さまにご参加いただきました。

大橋謙策氏と越智事務局長 中島 修氏によるワークショップの様子 熱心に中島氏の講義に聞き入る受講者の皆さん

 9日、事業全体の説明の後に行われたグループ討議では、香川おもいやりネットワーク事業に参加するにあたっての疑問や事業の意義について話し合い、午後からのシンポジウムで「コミュニティソーシャルワーク機能の基本的な理解を深める」と題し、これまでの実践や課題について3名の方にご報告いただき、本事業のアドバイザーでもある特定非営利活動法人 日本地域福祉研究所 理事長の大橋 謙策 氏にコメントと講義をいただきました。 その後、大橋理事長から「ソーシャルワークの楽しさ、怖さ、醍醐味 〜社会福祉法人の地域貢献とコミュニティソーシャルワークの展開〜」と題した講演をいただき、コミュニティソーシャルワークと社会福祉法人の役割等について、理解を深めました。
 10日は文京学院大学人間学部人間福祉学科 准教授の中島 修 氏によるワークショップを終日開催し、アセスメントの重要性や事例を通じたコミュニティソーシャルワークの実践(プランニング)について学びました。 また、大橋理事長による理事長・施設長を対象にした特別講義が別途行われ、管理者としてのこの事業における役割等について、理解を深めました。
 この日、最後に大橋理事長より「社会福祉法人の地域貢献とコミュニティソーシャルワークの展開」についての総括講義をいただき、社会福祉法人としてこれからどのように地域とかかわっていくべきなのかを、あらためて考える機会となりました。
 6月23日には、各分野における公的な福祉制度の概要説明が行われ、3日間の研修が終了しました。
実際の総合相談・支援や地域のネットワーク会議の開催については7 月1 日から各市町でスタートします。
 ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

<戻る>

PDF形式の資料をご覧いただくには、AdobeAcrobatReaderが必要です。
AdobeAcrobatReaderをダウンロードするには右のアイコンをクリックして下さい。
GET ADOBE READER

社会福祉法人 香川県社会福祉協議会
〒760-0017 香川県高松市番町1-10-35 香川県社会福祉総合センター5F TEL:087-861-0545(代)/FAX:087-861-2664(代)

pageup Copyright(C)2011 KAGAWA Prefectural Council of Social Welfare. All Right Reserved