ボランティア情報

地域福祉情報

くらしの相談

福祉の資格と仕事

市町社会福祉協議会社会福祉施設・事務所の方へ

香川県内の社会福祉施設・事務所情報

香川県福祉協議会について

香川県内の社会福祉施設・事務所情報

香川おもいやりネットワーク事業


TOP > 香川おもいやりネットワーク事業 > 研修情報 香川おもいやりネットワーク事業
社会福祉法人と社会福祉協議会、民生委員・児童委員が連携した「地域における公益的な取り組み」香川おもいやりネットワーク事業〜人と人をつなぎ、ふだんのくらしを支え、「福祉でまちづくり」〜
トップページWhat's newおもいやりネット通信研修情報要綱・要領・格様式ダウンロード
平成27年度「香川おもいやりネットワーク事業」
実践総括セミナー


 平成28年2月19日(金)、ホテルパールガーデンにおいて、香川おもいやりネットワーク事業「実践総括セミナー」を開催し、県内の社会福祉法人施設、市町社会福祉協議会の相談・支援担当者をはじめ、行政職員、民生委員・児童委員、地区社協の皆さまなど、170名の方にご参加いただきました。
 尾崎民子運営委員長から開会のご挨拶の後、香川おもいやりネットワーク事業(以下、おもいやりネットワーク)・県センター(事務局)から、これまでの事業の取組みの説明等を行いました。



 続いて日本地域福祉研究所 理事長の大橋謙策氏をコーディネーターにお迎えし、「香川おもいやりネットワーク事業のめざすところと課題〜これからの香川型福祉でまちづくりを考える〜」と題したシンポジウムを行いました。
香川県民生委員・児童委員協議会連合会 会長 藤目 真晧氏をはじめ、おもいやりネットワーク運営委員でもある社会福祉法人いずみ保育園理事長 忽那ゆみ代氏、社会福祉法人萬象園理事長 守家 敬子氏、社会福祉法人東かがわ市社会福祉協議会 事務局長・香川県県内社会福祉協議会連絡協議会 会長 江元 祥晃氏にシンポジストとして登壇いただき、これまでどのようにおもいやりネットワークに関わり、何が課題と感じるのか、また社会福祉法人と民生委員・児童委員が一緒になってこの事業に協働で取り組むことの意味合いや、今後の事業の在り方=「香川型福祉でまちづくり」について等、それぞれの立場から多くの貴重なご意見をいただきました。
 最後に総括として、大橋理事長に「香川おもいやりネットワーク事業の取組みとコミュニティソーシャルワーク機能の展開」と題した講演をいただきました。家族・地域社会の変化に伴って複雑化する支援ニーズに対し、どうすれば質の高いサービスを効果的に提供できるのか、また分野を問わない包括的な相談支援の重要性とワンストップで応じる体制の強化など、これからおもいやりネットワークをさらに進めていくうえで、欠かすことのできない基本姿勢を再確認させていただきました。
 住民を含む多様な主体の参加に基づく「支え合い」の醸成…誰もが支え、支えられるという共生型の地域福祉を創造していくことが、私たち福祉関係者にとって急務であり、おもいやりネットワークをさらに一歩推し進めるために、地域との関わり方や包括的な相談支援の重要性について、今一度考えることができた素晴らしい機会となりました。
 ご指導いただきました大橋理事長をはじめ、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

<戻る>

PDF形式の資料をご覧いただくには、AdobeAcrobatReaderが必要です。
AdobeAcrobatReaderをダウンロードするには右のアイコンをクリックして下さい。
GET ADOBE READER

社会福祉法人 香川県社会福祉協議会
〒760-0017 香川県高松市番町1-10-35 香川県社会福祉総合センター5F TEL:087-861-0545(代)/FAX:087-861-2664(代)

pageup Copyright(C)2011 KAGAWA Prefectural Council of Social Welfare. All Right Reserved