基本目標 3 福祉サービスの質の向上と福祉を支える人づくり
(人材育成と事業者支援)

 事業の多様化・専門化に対応するため、県社協職員の資質向上と組織の整備を進め、自主財源の確保に努めるなど、経営基盤の強化を図ります。また、社会福祉の情報収集や現状把握に努め、新しい課題への対応策を検討したり、関係者のネットワークづくりを進める中から、積極的な提言・啓発活動を行います。

 地域福祉や社会福祉の現場を支える専門的な人材の育成と、より質の高い利用者本位の福祉サービスが提供できるよう、社会福祉事業者等の健全な経営を支援します。

基本目標 4 地域福祉を推進する県社協機能と組織の充実・強化
(経営基盤の強化)
香川県社会福祉協議会 強化発展計画 〈平成19(2007)年度12月〜平成23(2011)年度〉

基本理念・基本目標と計画体系

香川県社会福祉協議会強化発展計画体系図

 地域の福祉課題を一人ひとりの地域住民が共有し、解決に向けた活動に主体的に参加できるよう促進し、誰もが安心して安全で、その人らしい生活が送れるよう、共に支えあう福祉のまちづくりを進めます。

基本理念

誰もが住み慣れた地域で、その人らしく安心して暮らせる
  福祉のまちづくり、人づくり、ネットワークづくり

基本目標

  県社協は、県内地域福祉の推進を使命とし、これまで培ってきた福祉関係者をはじめ、保健・医療・教育関係者、行政関係者等とのネットワークをさらに強めながら、個人の尊厳が保たれ、誰もがその人らしく、安心・安全で自立した生活を送ることができるよう、県民参加のもと共に支えあう福祉のまちづくりを進めていきます。

 基本理念の実現のため、次の4項目を基本目標として掲げ、県民参加と利用者本位の福祉サービスの実現を目指し、そしてそれらを支える人づくりに向けて、地域福祉を総合的に推進します。

基本目標 1 住民参加による安心・安全の福祉のまちづくり
(地域福祉活動の推進)

  また、香川県は面積が全国で最も小さいながら、美しい自然と温暖な気候に恵まれ、都市と農山漁村のよさを兼ね備えた土地柄です。この環境を活かし、県社協では、地域福祉を担う人づくりを広く進めるとともに、地域福祉を推進するにあたって、関係者が積極的に議論し課題を共有、連携から協働につなげていくことのできる場づくり、総合的なネットワークづくりに取り組んでいきます。このような取り組みを通じて、県民自らが積極的に地域福祉活動に参画できるような福祉社会づくりに向けて各事業を展開し、もって県民福祉の向上に寄与し、信頼感と存在感のある県社協の組織づくりを進めていきます。

基本目標 2 福祉サービス利用者の支援
(個人の尊厳の保持と権利擁護)

 福祉サービスを必要とする人が、個人の尊厳が保てるよう支え、権利を保持し、その人にあった適切な福祉サービスが利用でき、地域で自立した日常生活ができるよう支援します。